文字サイズ
文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー ソーシャルメディアポリシー
TEL:0120-52-2915 FAX:0120-51-2052
株式会社正食研究所
トップページ > 会社情報

会社情報

ごあいさつ

にんにく卵黄メーカーの最老舗として精一杯良いものをお客様にお届けしたい!

「にんにく卵黄」とは、昔から伝わる「にんにく」と「卵黄」から造る民間の和漢食です。
素晴らしいものをもっと多くの方に知っていただきたい、お役に立てていただきたいとの強い思いから、1962年(昭和37年)に日本で初めてカプセルに封入し飲みやすい形のにんにく卵黄「にんにくの精」として皆様にお届けするようになりました。
これからも先人の技を基にさらなる品質の向上を追い求め日々研鑽してまいります。

企業理念

「感謝・研究・探究」

もっと多くの方へ価値あるものを!!

メーカーが健康食品を直接お届けする通信販売だからこそ、私どもはお客様により安全なものをより安心してご利用いただくことを第一に考えております。そのためには品質の確かなものを製造し、本当に価値あるものを安心の価格で提供し続けるよう努めてまいります。また、健康食品を通して「食」とは何か「健康」とは何かを常に念頭におき、100年後の社会にも価値あるものとして存在し続け、食文化を正しく継承し社会の「健康」に貢献してまいります。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

正食研究所ロゴ

正食研究所のロゴは、アルファベットの「C」と「M」です。
「Correct Meal」の略であり、まさに「正食」そのものをアルファベットで象っています。(Correcとは「正す」、「訂正」、「修正」。Mealとは「食」、「食事」。)
「正しい食事」とも取れますが、当社の指す「正食」とは「食を正す」の意味です。
一日三度の食事、偏りのない食事をきちんと摂ることが健康の基本と考えております。
偏った食事を「偏食」と捉え、この「偏食」を「正す」という意味を込めて「正食」としました。

会社概要

会社外観
  • 商 号
    株式会社 正食研究所
  • 所在地
    本社/工場
    〒897-0003 鹿児島県南さつま市加世田川畑9644-1
    TEL:0993-53-3005 FAX:0993-52-2052
  • 創 業
    1962年(昭和37年)4月
  • 法人設立
    1977年(昭和52年)9月28日
  • 組織変更
    1996年(平成8年)12月6日
  • 資本金
    1,000万円
  • 代表者
    代表取締役社長 河野ひろみ
  • 従業員数
    8名
  • 決算期
    4月末日
  • 取引銀行
    鹿児島信用金庫 加世田支店
    鹿児島銀行 加世田支店
  • 事業内容
    健康食品の製造販売
  • 取扱商品
    にんにく卵黄、はぶ粉

沿革

にんにくの精パッケージイラスト
  • 1962年 (昭和37年) 4月
    「にんにくの精 友の会」として創業
    「にんにくの精」製造販売開始
  • 1977年 (昭和52年) 9月
    法人設立
  • 1933年 (平成5年) 8月
    にんにく卵黄の本格的な通信販売を開始
  • 1996年 (平成8年) 12月
    組織変更して株式会社正食研究所を設立
  • 1997年 (平成9年) 10月
    「にんにく卵黄ソフト300」製造販売開始
  • 1998年 (平成10年) 4月
    本社工場新築移転
  • 1998年 (平成10年) 7月
    「はぶ粉」取扱い販売開始
  • 2000年 (平成12年) 3月
    「にんにく卵黄ソフト500」製造販売開始
  • 2001年 (平成13年) 2月
    ホームページ開設
  • 2001年 (平成13年) 2月
    「黒酢入りにんにく卵黄」製造販売開始
    公益社団法人 日本通信販売協会【JADMA(ジャドマ)】加盟
  • 2005年 (平成17年) 8月
    公益財団法人 日本健康・栄養食品協会(日健栄協)加盟
  • 2005年 (平成17年) 9月
    自社農園によるにんにく栽培開始
  • 2012年 (平成24年) 4月
    50周年記念式典
  • 2013年 (平成25年) 3月
    代表取締役の異動(社長交代)
  • 2013年 (平成25年) 6月
    「はぶ粉にんにく卵黄」製造販売開始
にんにくの精パッケージイラスト