文字サイズ
文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー ソーシャルメディアポリシー
TEL:0120-52-2915 FAX:0120-51-2052
株式会社正食研究所
トップページ > 私たちのこだわり「食品保健指導士について」

私たちのこだわり

食品保健指導士について

国産にこだわった厳選素材、自社農園での健康なにんにく栽培。

食品保健指導士とは

食品保健指導士とは、消費者のみなさんが健康食品について正しく理解し有効に利用していただくために、消費者のみなさんからの相談に適切に応じられる「健康・栄養・食品知識の専門アドバイザリースタッフ」のことをいいます。
消費者のみなさんの健全な食生活を支えるために、全国各地で活動しています。

食品保健指導士の資格って?

厚生労働大臣によって認可された公益法人日本健康・栄養食品協会が行う「食品保健指導士養成講習会」を受講し、認定試験に合格した方に食品保健指導士の資格が与えられます。受講資格としては栄養士、薬剤師などの資格を持った方や、一定の受講条件を満たした方が受講することができます。
なお食品保健指導士認定資格は、消費者のみなさんに対して正確な情報を提供、また関連法規の把握や遵守を図るため、所定の単位取得による5年毎の更新制となっております。
食品保健指導士 山下由貴

 健康食品に関心を持つ方々の多くは、健康に自信がなく不安がある方、病院でお薬をもらって服用している方などがほとんどです。健康食品の性格上、利用するにあたって長期にわたり飲んでいただくものであるからこそ、成分や栄養素の機能、摂取方法や食品と医薬品との違いであったり、または食品同士の成分の相互作用などあらゆる知識を持っておかなければなりません。

 医師や薬剤師、栄養士の方々も医薬品や食品の専門家ですが、健康食品に関して十分な知識を持っているとは限りません。

 健康食品を扱う側の責任として、健康食品を利用する消費者のみなさんに対して、健康の保持や増進につながる利用方法のアドバイスができること、正しい商品の選択ができるよう専門的な知識をもたなければならないことが必要と考え、食品保健指導士の資格を取得するに至りました。

 資格を取得した今後は健康食品を利用するみなさまのお役に立てますよう、また健康食品の利用を検討していらっしゃるみなさまのよきアドバイザーとなれますよう、さまざまなご質問、ご相談等に応じていきたいと思っております。